医薬品素材

HOME医薬品素材培地用添加剤

再生医療、細胞治療、バイオ医薬品の開発などの分野で期待が高まっているため、
細胞培養培地の最適化は製薬業界のホットトピックスの1つとなっています。
林原は、細胞用途に関わる様々な用途向けに、独自の材料をお客様に紹介しています。

Purity/Other

細胞保護剤として有用な
トレハロース SG

低エンドトキシンを規格として設けたトレハロース SG。細胞の培養分野での活用も期待されています。細胞膜の安定化を通して細胞保護する働きも知られ、医薬分野の凍結保存用培地では保護剤としても利用されています。

成分純度/ 他
99.0%以上/低エンドトキシン
用途
  • 培地への添加剤
荷姿
  • 1kg PE袋
  • 20kg PE袋/段ボール
  • 20kg PE袋/プラスチックコンテナ
適合規格
  • 日本薬局方
  • USP-NF
  • Ph. Eur.
  • CP
その他
  • US Type IV DMF
  • Halal
成分純度/ 他

細胞培養用途での
安定型アスコルビン酸
アスコルビン酸 2-グルコシド

林原の独自のバイオ技術で開発された安定性に優れたアスコルビン酸2-グルコシド。熱や光の影響を受けにくく、安定性に優れたアスコルビン酸誘導体として細胞培養の分野でもその有用性が期待されています。

成分純度/ 他
99.0%以上
用途
  • 培地への添加剤
荷姿
  • 1kgアルミラミネート袋
適合規格
-
その他
-

営業窓口

長瀬産業株式会社
ライフ&ヘルスケア製品事業部 ファーマメディカル部

03-3665-3383(東京)メール

06-6535-2327(大阪)