お知らせInformation

岡山藩主池田光正・綱政が書写した鎌倉期和歌集の発見について林原美術館と関西大学が記者発表しました

2017/03/30お知らせ

林原美術館と関西大学は、林原美術館所蔵の歴代岡山藩主自筆の資料を調査した結果、初代岡山藩主池田光政及び二代藩主綱政によって書写された、鎌倉時代中後期の歌人飛鳥井雅有(あすかいまさあり)(1241~1301)が詠んだ和歌をまとめた私家集『隣女和歌集』(巻一)3件が見つかったことを、3月29日(水)に記者発表しました。
■発表内容について詳しくは、林原美術館のウェブサイトをご覧ください。

一覧へ戻る