サステナビリティSustainability

環境マネジメント

環境についての考え方
近年、地球温暖化等の気候変動に伴う地球規模での問題が深刻化し、人々の暮らしや企業の事業活動に影響を与え始めています。NAGASEグルーブが目指す「人々が快適に暮らせる安心・安全で温もりある社会」の実現のためには、地球環境が持続可能なものであることが大前提であると考えています。また、林原の製品の原材料に使用しているもののほとんどは、自然の恵みによってもたらされたもので、事業を持続可能なものにするためにも、このような環境問題に率先して取り組む必要があると考えています。
林原は「環境」を重要課題のひとつとして位置づけ、環境負荷低減の取り組みを通して、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
環境方針
基本理念
林原は地球規模での環境保全が最重要課題であると認識し、限りある資源のもと、人類と自然の調和を図りつつ、一層の「持続可能な発展」を目指します。そのために全社員の参加による環境品質の向上活動を進め、環境・経済・社会に貢献します。
基本方針
(1)環境マネジメントシステムの構築とその継続的改善を行い、環境負荷の低減と環境品質の向上に努めます。
(2)環境関連の法規を遵守すると共に、自主基準、業務手順を整備し、環境管理の向上に努めます。
(3)環境目標を定め、これらを実施することにより、その実現に努めます。
(4) 社員教育を通じて全社員の環境改善に取り組む意識の向上を図ります。
環境管理体制
林原の「環境方針」に示された「基本理念」にのっとり、「基本方針」を実行するために環境マネジメント推進委員会を設置しています。
教育・啓発活動
教育
(1)社員教育
全社員対象に、環境理念・方針等の周知徹底、環境意識向上について教育を実施します。また管理者・一般社員・新入社員ごとに合わせた、環境リスク・法規・環境目標管理に関する教育を実施します。
(2)事業所別教育
事業所ごとに異なる地域の環境保全、環境リスクについて教育を実施します。
啓発活動
(1)警戒の日の制定
過去に災害が発生した日を重点警戒の日として、発生事例を掲示することで社員の意識向上に努めています。
(2) 委員会、地区部会での情報提供
定期的に開催される委員会、地区部会において、他社の事例や有効な情報を発表し、社員の意識向上に努めています。