サステナビリティSustainability

社会貢献活動

社会貢献活動に対する考え方
林原は、事業活動を通じて社会に貢献するとともに、地域の皆さまとも良好な関係を築いていきたいと考えています。地域の皆さまとのコミュニケーションをはかる交流会等の実施のほかに、スポーツ・文化の発展への寄与を目指してさまざまな社会貢献活動を行っています。
林原美術館の支援
林原美術館は、日本をはじめとする東アジア地域の絵画や工芸品と、旧岡山藩主池田家由来の大名調度品を中心とするコレクションからなる美術館です。国宝3件、重要文化財26件を含む収蔵品は、刀剣・武具・甲冑・絵画・書跡・能面・能装束・彫漆・螺鈿・蒔絵・陶磁・金工等々、多岐にわたります。
林原は、地域の人々の豊かな生活文化の実現に貢献するため、そしてこれらの貴重な文化財を次の世代に伝えていくため、長年にわたり林原美術館の運営支援を行っています。
林原美術館
林原美術館の外観・展示室
林原ライフセミナーの開催
林原では新たな社会貢献活動として2017年度から、一般の方々を対象とした講演会「林原ライフセミナー」を開催しています。人々の生活に密着したライフに係る内容をテーマに選び、消費者の皆さまに役立つ情報の発信を行っています。
第1回 2018年
2月10日(土)
「生きる喜びを創造するおいしい嚥下食へ」
講師/金谷 節子氏(金谷栄養研究所 所長)
「“トレハロース”ってなに?」
講師/佐藤 奈都子氏(株式会社林原 管理栄養士)
「栄養士と患者さんでつくる高齢者糖尿病の食事」
講師/福島 芳子氏(医療法人社団順修会 谷口内科 管理栄養士)
第2回 2019年
2月23日(土)
「食の情報 ウソ? ホント? フェイクニュースに騙されない科学的思考を身につける」
講師/松永 和紀氏(科学ジャーナリスト)
第2回林原ライフセミナーの様子
林原賞の創設および顕彰
「がん研究の推進と撲滅」を目的に「林原賞」を創設し、1963(昭和38年)より毎年優れた研究成果を上げられた岡山大学医学部の若手医学者1~4名に対して、賞状と記念品を授与し顕彰しています。2019年には3名の方々に賞を授与しました。
これまでの受賞者は106名にのぼり、受賞された方々はがん医療の最先端で活躍されています。
地域交流会の開催
工場や研究施設の運営に際して日ごろよりご理解・ご協力いただいている近隣の皆さまに、感謝の気持ちをあらわす一つとして、社員手作りの「林原まつり」を開催しています。食べ物や遊びの屋台、研究員による実験教室など、さまざまな催しを企画してお楽しみいただいています。
2019年度は、岡山市中区にある岡山第一工場と藤崎研究所を会場にまつりを開催しました。
林原まつりin 藤崎(2019年12月1日)
地域のスポーツ・文化への協賛
地元岡山のスポーツ・文化の振興を願い、スポーツ団体、文化団体への協賛をしています。主な協賛としては、2015年よりバレーボールV1女子の岡山シーガルズのユニホームスポンサーとして、2016年よりサッカーJ2のフアジアーノ岡山のクラブスポンサーとして広告協賛を続けています。また、岡山シンフォニーホールを拠点とするオーケストラである岡山フィルハーモニック管弦楽団を、賛助会員としてサポートしています。
岡山シーガルズにユニホームスポンサーとして協賛  ピッチ横断幕(ファジアーノ岡山)
製品・技術による文化財の保護
林原では貴重な文化財保護のために、自社の有する酵素技術を活用して素材を開発・製造しています。
掛け軸や巻物の修復に欠かせない古糊の代替品を、酵素技術で開発
古糊は、接着乾燥後も紙をこわばらせず、カビが生えにくい、水を含ませると簡単にはがれるという性質を持っており、掛け軸や巻物など和紙を使った文化財の修復に欠かせない接着剤です。修復工房の職人が小麦でん粉を煮た糊を約10年かけて熟成させて作っていますが、手間と時間がかかり安定供給に難がありました。林原では、東京文化財研究所、文化財修復会社の岡墨光堂と共同で古糊代替品の開発に着手し、酵素技術を用いて約2週間という短期間で古糊代替品を製造することに成功、修復業者に提供しています。
修復した掛け軸の柔軟性の比較(左:林原製古糊代替品、右:伝統的製法による古糊)
壁画等の文化財の表面に剥落止めとして塗布されたPVA膜の除去酵素の量産
建築物壁画等の保護に使われてきたポリビニルアルコール(PVA)は、時間の経過とともに劣化し塗布した画を傷めるケースが発生しており、その除去が長年の懸案となっていました。このPVAを分解する酵素を大阪市立工業研究所が開発され、同研究所からの依頼で林原がPVA分解酵素剤を調製、東京文化財研究所に提供しています。