サステナビリティSustainability

コーポレート・ガバナンス

ガバナンスについての考え方
林原は「研ぎ澄まされたバイオの力で、独創的な新素材開発に挑戦し続ける企業」というビジョンを掲げています。その上で、外部環境の激しい変化の中でも持続的に成長する企業となるべく、中長期的な企業価値向上を目指して事業活動を行っています。
こうした活動を実行していくためには、「迅速な意思決定と実行」、「経営の健全性確保と腐敗防止」「透明性の確保」が必要不可欠であると考え、コーポレート・ガバナンスの強化に継続的に取り組んでいます。
コーポレート・ガバナンス体制
取締役会 「経営方針・戦略の意思決定機関および業務執行を監督する機関」として明確に位置付け、毎月の定例取締役会を開催し、重要事項の決議ならびに業績の進捗把握と対策を議論しています。
リスク・コンプライアンス委員会 法令遵守のみならず、企業倫理にまで踏み込んだリスクマネジメント体制およびコンプライアンス体制の確立、強化を図っています。
ビジネスコミッティミーティング 役員および各部門の代表者は「ビジネスコミッティミーティング」に参加し、各部からの現状報告をもとに議論の上、具体的対策等を決定しています。
安全衛生委員会 従業員の安全と健康に配慮し、会社における安全衛生活動の充実を図るため、施策の策定・実施、啓発などの活動を行っています。
環境マネジメント推進委員会 経営に関わる環境法規制などの環境課題に対する施策を審議・決定するとともに、自社におけるエネルギー使用の合理化を図っています。
以上のように、コーポレート・ガバナンス機能の強化を目的とした各種委員会との連携による現状のコーポレート・ガバナンス体制は、多角的な視点からの監督・監査機能が働いており、現時点では、最も合理的であると判断しています。
内部統制
林原では、取締役および社員の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制ならびにその他の業務の適正を確保するために必要な体制(内部統制システム)を整備しています。

内部統制システム構築の基本方針はこちらをご覧ください。

監査の体制
監査役監査の状況
林原の監査役は1名が選任されており、取締役会その他重要な会議への出席、重要な決裁書類等の閲覧、取締役および内部監査部門等の業務執行部門へのヒアリング等を通じて取締役の職務の執行状況を監査しています。
また、会計監査人の資産実査に同行し、会計監査人が独立の立場を保持し、適正な監査を実施しているかを監視・検証しています。また、事業年度終了後には、監査役の監査方針および監査計画に対する年間監査活動のレビューを行い、その結果を翌事業年度以降の監査計画に反映させることにより、監査役監査の実効性の向上に努めています。
内部監査の状況
内部監査部門としては監査室があり、監査士(QIA)の資格を有する2名によって、内部監査規程に基づき、業務活動の適正性および効率性を監査しています。
また、林原の財務報告に係る内部統制報告制度への対応として、監査室が独立した内部監査人として内部統制の評価を実施し、適宜取締役、監査役および会計監査人へ内部統制の実施状況に関する報告を行っています。
会計監査の状況
下記の指定有限責任社員によって、公正不偏な立場で実施されています。
業務を執行した公認会計士の氏名 所属する監査法人名
指定有限責任社員
業務執行社員
高田 康弘 EY新日本有限責任監査法人
上記の業務を執行した公認会計士の継続監査年数は7年を越えていません。