サステナビリティSustainability

リスクマネジメント

リスクマネジメントについての考え方
企業経営において危機管理は不可欠なものです。林原においては、事業活動に関する社内外のあらゆるリスクとそのリスクが及ぼす影響を的確に把握し、合理的にコントロールすることで、危機の回避、損失の極小化を図るとともに、顕在化したリスクには迅速に対処すべく、リスクマネジメントに取り組んでいます。
リスクマネジメント体制
林原では取締役会の諮問機関としてリスク・コンプライアンス委員会を設置し、当社のリスクマネジメント体制とコンプライアンス基本方針および行動基準に基づくコンプライアンス体制の確立、浸透、定着を図っています。また、当委員会の下には、リスク・コンプライアンス委員会事務局を設置して、リスクマネジメントおよびコンプライアンスに関する事案の吸い上げ、対応の検討を行っています。
さらに、社内通報制度として「コンプライアンス相談・通報窓口」を設置し、個人から直接連絡できる体制を整えています。
経営危機管理
林原ではNAGASEグループ共通の「経営危機管理規程」にのっとり、事業継続に影響を及ぼすような経営危機が発生した際には、事態の状況把握、連絡報告、指揮命令など、現場での初動からNAGASEグループとしての組織的な対応まで迅速かつ適正に実施できる体制としています。     
「経営危機管理規程」
「経営危機管理規程」は、NAGASEグループの事業運営基盤の安定およびステークホルダーの損失の最小化を図ることを目的とし、NAGASEグループにおける経営危機管理に関し、経営危機対応のための準備および経営危機発生時の対応等の必要な事項について定めています。
防災活動とBCP(事業継続計画)活動
林原では、自然災害の他、人為的原因による災害、事故、感染症等の非常時における被害を最小限に抑えるため、「地震等緊急災害対策マニュアル」、「新型インフルエンザ等強毒性感染症に対する対策指針」において組織体制や連絡体制、対応事項を定めると共に、NAGASEグループ安否確認システム等による従業員の状況把握を迅速に行う体制を整えています。
また、当社の企業活動の早期復旧を図るための指針となる「事業継続計画書(BCP)」により、具体的な事業継続体制を定め、避難通報訓練、安否確認訓練、BCP図上訓練を定期的に行っています。
昨今の異常気象や感染症のまん延に備え、より一層の準備を進めていきます。
原材料の安定調達について
林原の製品は、でん粉をはじめさまざまな天然由来の素材を原料としています。そのため、気候変動に伴う収穫量の増減および需給バランスの変化に伴う市場価格の変動による影響を受けることから、サプライヤーと協働し安定的かつ持続可能な調達活動を行っています。
主原料であるでん粉については原料作物、産地を分散化した調達を実施しており製造に必要な量の確保と市況価格による調達価格への影響を最小限にするようサプライチェーンの維持安定に努めています。
機密管理と情報セキュリティについて
林原では、研究、生産、販売、その他業務に関わる技術上または営業上の有用な情報が、意図せず社外に流出することを防止するために、「企業機密管理規程」を制定し、研修会等による教育・啓発活動に取り組んでいます。会社に属する営業秘密の取り扱い、第三者の営業秘密および知的財産権の取り扱いについては「コンプライアンス行動基準」にも明記され、周知徹底されています。
さらにNAGASEグループでは、グループ共通の「情報セキュリティ基本方針」、実際に遵守すべき事項、推奨するセキュリティレベルを網羅的に記載した「情報セキュリティ対策ガイドライン」を定めています。林原では、NAGASEグループのこれらの基本方針、ガイドラインにのっとり、情報セキュリティ対策の実施手順・対策方法を定めた各種規程や手順書、遵守すべきルールや日々の注意事項を記載したマニュアルを作成し、社員全員に意識の向上を促しています。