プレスリリースPress release

林原ラッピング路面電車に新たな広告 トレハロース使用の岡山銘菓を、車内つり革で紹介 「岡山の 銘菓をつなぐ トレハの輪」

2016/07/29その他

株式会社 林 原

このたび、NAGASEグループの株式会社林原(本社:岡山市北区下石井 代表取締役社長:森下治)は、現在運行中の林原ラッピング路面電車(岡山電気軌道)に、新たな広告媒体として車内つり革広告を採用し、7月29日より掲示を開始いたしました。
「岡山の 銘菓をつなぐ トレハの輪」と題し、岡山県内16社のトレハロースを使用したお菓子(1社1点)を写真とともに紹介しています。

【 路面電車 車内つり革広告で紹介する岡山銘菓】

【車内の写真】

当社が昨年6月より運行を開始した林原ラッピング路面電車は、左右異なる斬新なデザインで、それぞれの面で「企業」「商品」を紹介しています。どちらも明るく楽しいイメージで、地域への感謝とともに、当社の元気な歩みをお伝えしております。

この路面電車の車内つり革部分に、岡山銘菓16商品を紹介する広告を追加いたしました。いずれの商品も岡山を代表するお菓子で、その原料に多機能糖質トレハロースが使われています。世界的に使用されているトレハロースですが、その生産は今も、ここ岡山です。岡山で生まれ、岡山で育ったトレハロースの持つ「でん粉老化抑制」「保水性」「低甘味性」などの特長的な機能が岡山の銘菓に活かされています。

今後、路面電車を利用する皆様に、この車内つり革広告をご覧いただき、地元の皆さまには「岡山銘菓」と「トレハロース」をより身近に感じていただくとともに、ご訪問時のお土産選びに、また、岡山を訪れた観光客の皆さまには、岡山の思い出と共にお持ち帰りいただくお土産選びに、お役立ていただければと考えております。

【 路面電車 車内つり革広告の概要 】
媒体名 岡山電気軌道 路面電車 車内つり革広告
(林原ラッピング広告車両 1車両)
サイズ 縦170mm × 横60mm × 厚さ40mm
本数 片側22本 × 2 =44本
(商品広告16種32本 林原広告4種12本)
運行開始日 平成28年7月29日
広告契約期間 1年
運行路線 東山線(岡山駅前~東山)
または 清輝橋線(岡山駅前~清輝橋)
運行頻度 1日約15往復

【 岡山銘菓16商品/商品名、屋号】
商品名 屋号
1 いちご夢二 岡山夢菓匠 敷島堂
2 津山・えくぼのお菓子 いちま 旬菓匠くらや
3 岡山名物 きびだんご 今和夢果子 錦盛堂
4 おかやまロール 御菓子処 清風庵
5 元祖 きびだんご 廣榮堂
6 きび田楽 金萬堂本舗
7 塩チョコきびだんご 中山昇陽堂
8 辰治 包(つつみもの) 菓匠 福井堂
9 生きびだんご 山脇山月堂
10 蒜山高原ミルクきびだんご 廣榮堂武田
11 むらすヾめ 橘香堂
12 もなみ 大手饅頭伊部屋
13 良寛てまり 菓子処 良寛庵ひらい
14 ワッフル 白十字
15 わらびあん 御菓子處 華宵庵
16 ピュアラルグミ カバヤ食品

【 トレハロースとは】

トレハロースは、きのこ類や酵母などに含まれている自然界に存在する糖で、身近な食品の中にも含まれている素材です。
当社は、このトレハロースを世界で初めて、でん粉から大量に生産する技術を開発し、1995年より商品名『トレハ®』として発売しており、今年で21年を数えます。多くの機能性を有しており、特に食品分野では、日本のみならず海外でもその利用は増え続けています。

一覧へ戻る

プレスリリース