研究開発Research and Development

感光素Bioactive Dyes

色素は光の吸発光だけでなく薬理活性を示すものもあり、感光素と呼ばれています。
林原では下記の感光素を保有しており、すでに商品化されているものもあります。

製品名 ピオニン タカナール ルミカーナ プラルミン
成分名 感光素201号 感光素301号 感光素401号 ヨウ化パラジメチルアミノスチリ
ルへプチルメチルチアゾリウム
化粧品表示名称 クオタニウム-73 クオタニウム-51 クオタニウム-45 ヨウ化ジメチルアミノスチリルへ
プチルメチルチアゾリウム
INCI名 Quaternium-73 Quaternium-51 Quaternium-45 Dimethylaminostyryl
Heptyl Methyl
Thiazolium Iodide